クレジットカードとは?

支払い方法の一つ
クレジットカードの画像 クレジットカードとは、クレジットカード会社が会員の信用に基づいて発行するカードのことです。そしてこれは、商品を購入する際の支払い(決済)方法の一つとなってくれます。
 通常、お店で商品を購入する際は現金によって支払いを行いますが、クレジットカードの場合はそれを提示するだけで、現金を支払わずとも商品の購入が出来ます。
クレジットカードの支払いは後払い
 『現金を支払わずとも商品の購入が出来る』というのは、当然のことながらお金を払わなくても良いということではありません。必ず後で支払う必要があります(後払い)。
 しかし後払いというのは、利用者側はとても便利なのですが、商品を売るお店側からすると非常にリスクの高いものです。もしお客さんがそのお金を支払ってくれなければ、売った商品に相当する損害を受けることになります。そのため通常では『後払い』という支払い方法は認められません。
なぜ後払いがOKなのか?
 ではなぜクレジットカードは『後払い』が可能なのでしょうか?
 この答えは簡単です。それは、『クレジット(credit)』という言葉の意味に『信用・信頼』というものがあるように、カードそのものに『信用・信頼』というパワーが秘められているからです。
 具体的に言いますと、クレジットカードを与えられている利用者は『どんなことがあっても必ず後から支払ってくれる』という信用があるのです。そのためお店側は、クレジットカードの提示だけでお客さんの『後払い』を認めてくれます。
 少々抽象的な説明となりましたが、この辺の詳しいことは『クレジットカードの仕組み』をご覧下さい。
クレジットカードとキャッシュカードの違い
 クレジットカードと同様に、キャッシュカードという言葉も日常よく聞きます。さて、これらの2つのカードの違いって何でしょうか?
 まずクレジットカードについてですが、上で説明しましたように、商品の購入などに利用できるカードのことを言います。
 次にキャッシュカードですが、これは銀行や郵貯にある口座からお金を引き出したり預けたりするために使用するカードのことを言います。よく学校の近くにATMがありますが、そこで使用するカードがキャッシュカードです。バイトをしている学生さんや、仕送りを受けている学生さんはよく利用するのではないかと思います。なお、キャッシュカードではお買い物はできません。