クレジットカードの仕組み

はじめに
 お店で商品などを購入する場合、現金がなくともクレジットカードの提示だけで支払いが行えます。そして当然のことながらその代金の支払いは後払いによって行います。
 さてこの『後払い』についてですが、その仕組みを正確に理解している人は実際にクレジットカードを利用している人たちの中でも少ないと思います。
 確かにそのようなことを知っていなくてもあまり支障にはなりませんが、やはり立派な社会人として生活していくためには、学生の内からクレジットカードの仕組みを理解しておく必要があると思います。
そのため以下で、その仕組みを図を用いて説明したいと思います。
全体の仕組み
 クレジットカードの仕組みを簡略化して言葉で説明すると、次のようになります。

お店(クレジットカードが利用できる加盟店)でクレジットカードを提示すると、カード会社がいったんそれを肩代わりし、後でカード利用者に代金を請求する

もう少し詳しく全体的な説明をしますと、以下の図のようになります。

クレジットカードの仕組み

  1. カード利用者は、商品やサービスを購入するとき、その代金の支払いとしてお店(カード加盟店)にクレジットカードを提示する。
  2. お店は、そのクレジットカードを確認し、商品やサービスを引き渡す。
  3. お店は、処理した商品代やサービス代の伝票を加盟店管理会社(アクワイアラ)に送付する。
  4. 加盟店管理会社は、商品やサービスの代金から手数料を引き、お店にお金≪(商品・サービス代金)-(手数料)≫を立て替え(代理)で支払う。
  5. 加盟店管理会社は、取引情報を処理センターに送付する。
  6. 処理センターは、取引情報をカード発行会社(イシュア)に送付する。
  7. カード発行会社は、手数料を上乗せして商品やサービスの代金をカード利用者に請求する。
  8. カード利用者は、商品やサービスの代金を銀行口座からの自動引き落としでカード発行会社に支払う。なおあまり一般的ではないが、カード発行会社の口座への振り込みでも支払いができる。
  9. カード発行会社は、商品やサービスの代金を加盟店管理会社に支払う。
クレジットカード会社の儲けの種
 ここで少し余談をお話します。上の4番の説明で
『加盟店管理会社は、商品やサービスの代金から手数料を引き、お店にお金≪(商品・サービス代金)-(手数料)≫を立て替え(代理)で支払う。』
と書きました。
 ここでのキーポイントは『手数料』です。この手数料が実はクレジットカード会社の儲けの種で、便利な支払い方法を維持できる仕組みです。
手数料はお店側が負担
 手数料は、実はお店側が負担します。感覚的には便利にキャッシュレスで購入できたので、手数料はカード利用者側が負担しても良さそうです。でも不思議なことにお店側が負担します。
 ここの説明は少々難しいのですが、大雑把に説明しますと、お店側はカード加盟店に“入らせてもらう立場”だからです。そのためカード会社よりも弱い立場に置かれ、手数料を取られてしまいます(ちなみにカード会社(ブランド)は世界規模でもの凄く力を持っています)。
たくさんのお店でクレジットカードが利用できるわけ
 ここでふと「手数料取られるなら別に加盟店にならなくてもよくね?」と思ってしまいますが、ここはお店側の微妙な心理があります。これもざっくり説明しますと、お客さんの“利便性”や“信用”を大事にしているからです。
 すなわち、「なんだよこのお店・・・クレジットカードが使えないのかよ、不便だな。」「別のお店で購入しよう」なんていうことにならないため多くのお店がクレジットカードの加盟店になっています。