知っておくべき注意点

後払いを意識する
 クレジットカードの魅力でさまざまなクレカの利便性などについて説明しましたが、もちろん注意点があります。
 それは、クレジットカードはあくまでも後払いということです。そのため使いすぎは絶対NGです。財布からお金は減りませんが、あとから銀行口座で払わないといけません。
 返済できない場合は、最悪の場合、自己破産申請をしなければなりません。そんなことになったら笑えません。
他の人に貸さない
 クレジットカードは絶対に人に貸してはいけません。なぜなら、トラブルがあった場合、借りた人ではなく貸した人が責任を取らなければならないからです。
 当然、家族でも貸し借りは厳禁です。
カードの裏に署名する
 クレジットカードを作成したら、速攻でカードの裏の所定欄に署名(名前)してください。
 もしサインがない場合には、万が一カードが不正使用された場合でも、損害額は補償されなくなります。
利用伝票の保管
 クレカを使用した場合、そのときに利用伝票をもらいます。ここでの注意点は、料金引き落とし完了まで、それを保管しておくことです。
 間違った請求が来たりした時に、しっかりとした証拠になります。トラブルを避けるためにとっても重要なことです。
盗難・紛失した場合は迅速に行動
 カードが盗難された、または紛失した場合には、すぐに警察とカード会社に届ける必要があります。そうすることで、盗難・紛失したカードは「無効カード」となり、悪用が防止されます。
 この行動をとることによって、「カード盗難保険」によって紛失・盗難によって不正使用された分は補償されます。
 ただし、保管状況に問題があったり、所持者が注意を怠っていたりして「本人に重大な過失があった場合」には、保険が適用されないケースもあります。注意しましょう。
就職先がない
 卒業後、就職先がなくフリーターになる場合、審査が通りにくくなってしまいますので注意してください。
 ネットショッピングなどではクレジットカードが必需品ですので、作成しやすい学生の内に作っておくというのも一つの手です(卒業後、学生カードは自動的に通常のカードに戻り、そのまま継続的に利用できます。